ヘルパーミーティング

こんにちは、訪問介護事業所のNです 

平成24年9月27日(木) 13:30~15:00

寝屋川市立保健福祉センター5階 研修室5にて、株式会社 明治の管理栄養士:上ノ山 奈穂子さんを講師に招き、「高齢者の食事について」講義していただきました

 高齢者の低栄養の原因を栄養摂取不良と嚥下機能低下に分け、資料に添って詳しく説明してくださいました。

 栄養摂取不良(栄養障害)では、

加齢に伴う身体変化(食生活)の特徴として、喉の渇きが鈍くなる、歯が弱くなる、飲み込む力が弱くなるなどがあります。

また、加齢による障害(老年症候群)の例として、食欲の低下・食事量の不足・栄養状態の悪化などから、代謝低下の悪循環を誘発しやすいと話されていました。

 

嚥下機能低下(嚥下障害)では、

歯が弱くなったり、咀嚼力(噛む力)、飲み込む力が低下してくるので、「食べやすくする工夫」、「嚥下のメカニズム」、「安全な食物を選ぶポイント」、「飲み込みやすくする調理の工夫」や「脱水の注意点」の話がありました。冬場でも暖房器具などで乾燥し、脱水を起こしやすいので気をつけてくださいとも言われていました。

 

 その後、参加者の中から4人に500mlのお茶にとろみ調整食品を入れて、どのようにトロミがつくか体験してもらい、みんなで試食をしました。

混ぜ方でトロミのつき方も変わるようで、トロミがついているのが分かった人やあまり分からなかった人もいました。

 講義を受けて、食事の大切さ・口から食べることの大切さがわかりました 

今度は、この講義の話をもとに調理実習が出来ればと思います。

ヘルパーミーティング写真

カテゴリー: 訪問介護 タグ: , パーマリンク